エロな羞恥体験談ブログ


デートスポット アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | カテゴリ:スポンサー広告 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |

患者のナースコールに期待する私

病院
私は心の病をケアする施設に勤める看護師です。私が夜勤の日に事件は起きました。男性職員が仮眠に入り、私が待機しているとナースコールが鳴りました。大概、たわいも無い事なので起こすのも悪いし良いかななんて考えたのが間違いでした。比較的に症状の軽い患者さんだったし、まだ若い方だったし・・と軽い気持ちで…どうしました?って部屋に入ったんです。
 そしたらいきなり口を塞がれ押し倒されたんです。暴れる私を押さえつけ、エプロンの上から乱暴に胸を揉まれました。逃げようとする私に馬乗りになり、怪我したくなかったら大人しくしろと彼は言いました。私は怖くて黙って頷きました。彼は私を立たせ、ベッドに私の手を縛りつけ、エプロンからハンカチを取り出し私の口に押し込みました。

 背後に回り込み私のベルトを外し、チノパンのファスナーを引き下ろして…ためらう事無く私の下着事、ズボンを引き下ろしました。指で開かれ描き混ぜられ・・悔しくて恥ずかしいのに私はグチャグチャに濡れていました。そして、私のアソコに彼のモノが当たりました。当然ゴムなどありません。


 私は腰を捻り抵抗しましたが、彼のモノは私の中にズブズブと今までのどの彼氏よりも太く大きいモノが私の奥まで入り込み…激しく突き上げられた瞬間、私の意識は真っ白になってしまいました。一度イかされ敏感になってしまった私は、気持ちとは裏腹に恥ずかしい声をあげ彼のピストンに合わせてお尻を振り・・

 彼が満足するまで何度も…解放された私はすぐにシャワーを浴びました。恥ずかしくて上司にも同僚にも言えませんでした。彼は退院するまで昼夜問わず、私にエッチな悪戯を繰り返すようになってしまいました。それを待ち望んでいた私はダメな看護師です。
2014/06/30(月) | カテゴリ:病院■体験談 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |



| このページの先頭へ |


アクセスランキング

ピックアップ

ピックアップ

ブログ内検索

過去ログ v Co リバース

カウンター

合計閲覧者数

現在の閲覧者数

ピックアップ

PING送信チェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。