エロな羞恥体験談ブログ


デートスポット アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | カテゴリ:スポンサー広告 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |

水泳大会

部活
俺が通ってたスイミングのグループ校の全国大会があったんだわ。
最後のレースはフリーリレーで参加者全員で応援。ウチのスクールの割り当て
だった女子更衣室はガラガラ。俺はその直前にレースがあってリレーには
出なかったから着替えてたんだけど、疲れてその場で横になって寝てた。
気づいたら頭のすぐ後ろで着替え中の小学校高学年の女の子が。首から
てるてる坊主みたいなタオルをかけて着替えてて、ちょうど水着を脱ぐ瞬間
だった。起きたことに気づいてないのかそのまま脱いでた。まだ無毛のスジ
が丸見え。と、水着から足を抜く瞬間、バランスを崩して倒れてきた。
女の子は俺の顔を踏まないようにまたぐように足を開いて尻餅をついた。
床が濡れてたため足が滑って俺の顔の上に生ケツ。
『やっ…ご、ごめんなさいっ』
女の子が立ち上がりそうになる瞬間、思わず手が動いて女の子の腰を押さえ
つけた。条件反射のように女の子のスジをなぞる舌先。プール独特の塩素の
味(匂い?)がする。
『きゃっ、ちょっ…んんっ』
声にならない声を上げていた。
『やめてください…』
やっとの思いで搾り出したかのような声で俺は女の子を放してあげた。
『あ、ごめん。ついつい…。』
俺は悪びれずに女の子の方を向いて言った。同時に周りに誰もいないことを
確認する。プールの方ではリレーの応援が盛り上がっている。
『あ、あの…私の方こそ…すみませんでした…。』
『ん?あぁ、そーそー、そうだったな。まぁいーよ。気にしないで。』
『はい、すみません…』
『でも…まぁ人の顔をケツで踏んづけたんだから、もー少しいいかな?』
俺は冗談ぽく言ってみた。女の子はうつむいて困ったように
『え…、はい。イヤ、でも…』
何かかわいそうになってきたんで
『じゃぁちょっとだけ胸触らせて?そしたらいいよ。』
それで女の子が泣き出したら『ごめんごめん、冗談だよ。』って言ってあげる
つもりだったんだが意外な返事が返ってきた。女の子は周りを見回すと、
『はい。じゃぁ少しだけならいいですよ。』
少し笑顔を見せた女の子に、逆に一瞬こっちがびびってしまった。しかも
ちょっと俺好みにかわいいし。
で、結局は座ったまま後ろから抱きしめタオル越しにやさしく胸を揉んだ。
リラックスさせるために他愛のない話をしてあげた。女の子は小5でなんと
彼氏がいるとのことだった。だったらこんなこと違う男にさせちゃだめじゃん
って言ったら、最近そんなに好きじゃなくなった。と言い、続けて、てゆーか
こんなことしたいって言ったのはあなたの方じゃん。とツっこんできた。
なぜかお互いにいいムードになり、お互いの連絡先を聞いて付き合うことに
なってしまった。結局その日は生で胸を揉みはじめて彼女が少しあえぎ声を
出しはじめた頃に試合が終わってしまい、そのまま別れた。
まだAカップほどの胸だったが軽く揉むには充分な大きさであり、その後も
毎年試合や合宿でこれ以上の経験を重ねていく訳だが、続きはまたそのうち。
中2のときの思い出でした。
2014/02/01(土) | カテゴリ:習い事・部活■体験談 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |



| このページの先頭へ |


アクセスランキング

ピックアップ

ピックアップ

ブログ内検索

過去ログ v Co リバース

カウンター

合計閲覧者数

現在の閲覧者数

ピックアップ

PING送信チェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。