エロな羞恥体験談ブログ


デートスポット アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | カテゴリ:スポンサー広告 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |

こんな若いペニスのサンプルはめったにないから、女子はよく見ておくように

3年前に神奈川のある有名な大学病院での検査のことです。当時女性経験の少なかった私は
SEXの時、緊張と不安からペニスが完全勃起しない、いわゆる心因性インポの状態で、せめて肉体的な異常はないか思い、精密検査を受けることにしたのです。最初の診察時に若い看護婦さん2人にかこまれペニスを消毒された時も屈辱でしたが、2度目の検査の時、ペニスに強制勃起剤を注射して人工的に勃起させて、超音波検査器で勃起時のペニスの血管を撮影する検査を受けたときのことです。ペニスに注射されその後バイブレータをわたされ「これで刺激を与えて勃起させてください」と先生に言われ、気分の全くのらないオナニーをしている気分の時でした。最初は1人でやっていたのですが、突然カーテンがひらいて10人ほどの20前後の男女(研修生)が私のベットを取り囲みました。そこへ先生がやってきて「こんな若いペニスのサンプルはめったにないから、女子はよく見ておくように」といいながら私の手からバイブを取り上げ、ゴム手袋をはめた手でアナルに指を押し入れて、強引に前立腺を刺激して勃起させました。普段8cmのペニスが18cmほどに自分の意思とは裏腹に勃起してしまい、それの様子を見ていた女子研修生はニヤニヤしながら「なんだ、すごく大きくなってるじゃん。これでインポなの?」などと患者の心理を無視するような言葉が飛び交いました。その後、私のペニスは完全に天を向いたままおよそ20分間血管撮影されました。その間、全研修生に勃起したペニスを握られ撮影されたり、ノギスでサイズを測られたりと研修が行われました。自分の意思とは関係なくペニスの先から透明な液体がでてきてしまい、最後はあまりの恥ずかしさのあまり両手で顔を覆ってしまいました。なぜが好きな人でもない人たちに自分のすべてをさらけ出された感じで目に涙が浮かんだのを覚えています。
2013/06/28(金) | カテゴリ:病院■体験談 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |



| このページの先頭へ |


アクセスランキング

ピックアップ

ピックアップ

ブログ内検索

過去ログ v Co リバース

カウンター

合計閲覧者数

現在の閲覧者数

ピックアップ

PING送信チェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。