エロな羞恥体験談ブログ


デートスポット アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | カテゴリ:スポンサー広告 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |

睾丸のX線検査

最近、精液に血が混じるようになったので、泌尿器科にいきました。その病院の受付は、20歳前後の美人の看護婦が3人ならんでにこやかにあいさつしてくれるのです。
睾丸の検査をすることになり、いつものように病院にいくと、今日はいつものおばさん看護婦ではなく、受付にいた美人看護婦じゃないですか!!!
まだ、高校卒業したてという感じでしょうか?
ベットよこになって、パンツをおろしてくださいといわれ、カーテンをしめられました。
私は素直にパンツをおろしましたが、息子はだんだん大きくなってきてしまいました。
やばい、と思い落ち着こうとしているうちに、先生が入ってきました。
私の半分大きくなりかけている息子をよけて、睾丸のX線検査をはじめたのです。
ところがその愛も、さっきの美人看護婦がちょこちょこのぞくのです。
もう、わたしの息子はヒクヒクしっぱなしでした。
診察が終わってカーテンをでると、その看護婦はくすっと笑いました。
なんてはずかしい・・・
 私のおちんちんは勃起しても10cmもなく、勃起すると左にまがってるし、おまけに包茎なんです。
半勃起状態だと皮のあいだに毛がはさまっていてなんてみっともない!
診察中なので手で皮をむくわけにもいかず・・・
いつかあの看護婦を押し倒したい・・・
2013/06/26(水) | カテゴリ:病院■体験談 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |



| このページの先頭へ |


アクセスランキング

ピックアップ

ピックアップ

ブログ内検索

過去ログ v Co リバース

カウンター

合計閲覧者数

現在の閲覧者数

ピックアップ

PING送信チェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。