エロな羞恥体験談ブログ


デートスポット アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | カテゴリ:スポンサー広告 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |

ひとりで入れないのなら入れてあげるわよ

僕は22の時、ある病気で1ヶ月入院したときの話です。
入院して2週間ほどした時のことです。
「〇〇さん、お風呂入る?先生入っていいってよ。」と看護婦に言われました。
その看護婦は30歳位のベテラン看護婦でした。

僕は「入りたい!」と言うと浴室まで連れていってくれました。
浴室へ行くと「ひとりで入れる?」と聞かれました。僕はひとりで入れないって
言っらどうしてくれるのかって少し考えました。
それで「ひとりで入れないって言ったら何かしてくれるの?」って尋ねると
看護婦さんは「ひとりで入れないのなら入れてあげるわよ」と言うので
僕は「お願いします」っていいました。

看護婦さんは僕が裸になるのを待ってから僕の腰にタオルを巻いてくれました。
そして僕の手を取りゆっくりと浴室へ行きました。
僕を座らせしばらくの間、シャワーをかけてくれました。
シャワーが看護婦さんの白衣に少しかかり
濡れていたけどぜんぜんきにしていない様子でした。
そして湯舟に僕を入れてしばらく看護婦さんとお話をしていました。

湯船から出て今度はタオルに石鹸をつけて体を洗ってくれました。
背中や胸を洗い腕そして足を洗ってくれました。
僕は看護婦さんに体を洗ってもらえることだけで
びんびんに勃起していました。
勃起したおちんちんで腰に巻いたタオルがテントに
なっていました。看護婦さんは平然としていました。

そして最後に僕のおちんちんも石鹸のタオルで洗い出したのです。
僕は勃起しているのであまりに恥ずかしいことでした。
看護婦さんは僕のおちんちんを洗いながら「元気いいわね」と笑顔で
言ったのです。僕は照れ笑いを浮かべると石鹸のついたタオルをおちんちんに巻き
上下にしごきだしたのです。僕はあまりのことに黙ってしまいました。

すると看護婦さんは「ずっと入院してると大変でしょ。こんな時くらいしか出せないん
だから出しちゃいなさい」って言ったのです。
僕は目をつぶり看護婦さんの腕につかまっていました。
そしてたちまちタオルの中に射精してしまいました。
射精すると恥ずかしさでいっぱいでした。

看護婦さんは「何も恥ずかしいことじゃないのよ。
男の子だからしょうがないのよ」と言ってくれました。
僕はその日からその看護婦さんに会うととても恥ずかしくて目を合わせられませんでした。
でもその看護婦さんは全く平然と僕に接していました。
どんな風俗店よりも気持ちいい体験でした。
2013/06/19(水) | カテゴリ:病院■体験談 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |



| このページの先頭へ |


アクセスランキング

ピックアップ

ピックアップ

ブログ内検索

過去ログ v Co リバース

カウンター

合計閲覧者数

現在の閲覧者数

ピックアップ

PING送信チェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。