エロな羞恥体験談ブログ


デートスポット アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | カテゴリ:スポンサー広告 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |

中2の従姉が胸元の開いたゆるいシャツを着ていた

小学6年時、夏休みに伯父さん家に遊びに行ったら、
中2の従姉が胸元の開いたゆるいシャツを着ていたので、隙をみては覗いていた
ノーブラだったので、屈んだ時は乳首まで全部見えた
それまでは、それ程気にしていなかったのに、急に憧れの姉ちゃんになってしまった
中学生の身体は大人だな~と、かなり興奮した
オナニーを覚えてからは、その記憶が1番のオカズになった

自分が中学生になると従姉の姉ちゃんは高校生になって、更に身体がエロくなってた
夏休みに遊びに行くと、姉ちゃんは家では相変わらず薄着で、油断した格好をしていた
やはり隙をみては胸元を覗いたり、洗濯物のブラを物色した(70Eだった)
遊びに行くのは絶好のオカズ作りとなった

リビングのソファーで姉ちゃんと一緒にテレビを観ていた時、テレビよりも姉ちゃんの胸元ばかり見ていた
すると姉ちゃんに視線が気付かれ、「何処見てるの?!」と言われてしまったので、
かなり焦ったが、もう完全に開き直って「姉ちゃんおっぱい触らせて」と言ってみたら、
「いいよ、別に」と予想外の返事が戻ってきた
姉ちゃんは何食わぬ顔して、シャツを着たまま中のブラだけ、もそもそと外した

「どうしたらいい?!」と言うので、ソファーに自分の前に(自分の股の間)座ってもらい、
姉ちゃんを後ろから抱く状態で、脇から手を入れておっぱいを掴むことにした
「私このままテレビ観てるから、しばらく触ってていいよ」と、言ってくれた

自分は姉ちゃんの脇に後から手を入れて、両手でおっぱいを揉みまくった
丁度姉ちゃんの右肩に自分の顔がある位置なので、おっぱいを揉んでる自分の手が、
シャツの襟から覗いて見えて視覚も同時に楽しんだ

姉ちゃんはテレビをずっと観ていて、揉まれているのを気にもしていないようだった
しかし途中で「先の方も触ってよ」と言うので、時々乳首を触るとビクっと身体が動いていた

番組を観終わるまで揉み続けていたので、30分くらいはその状態だった
一旦落ち着いた後、気まずいかと思っていたが、姉ちゃんはあっけらかんと普段どおりで、
自分だけのこの恥ずかしさは、どうすればいいのか分からなかった

その後も、頼むとおっぱいだけは揉ませてくれた
他の事は何もさせてくれなかったし、自分にも何もしてくれなかったが、
おっぱいを堪能させてくれた、良い思い出、、じゃなくてオカズになった

ある時、ソファーでテレビを観ていたら、姉ちゃんは私の前に座ってきて、
「触る?!」と自分から言ってきたので、もちろん後から揉みまくりました
するとまた「先をもっと触って」と言うので、乳首攻めをしました
前回の乳首攻めが気に入ったのかもしれません

前回以上に乳首攻めをしていたら、姉ちゃんは「ちょっと待って」と言いました
姉ちゃんはソファーに寄りかかって座って、シャツを捲って「舐めて」と言いました

私は姉ちゃんの胸に顔を突っ込んで、乳首を舐めました
正面から揉んだり吸ったりしました

ここまでしたのにここから先は何故だかNGで、「あそこは絶対に触らないで」と何度も釘を刺され、
姉ちゃんの手を握って私の股間を触らせたら、「だからダメだって」と言われました
おっぱいも拒まれたら最悪なので、とにかく我慢しました

キスはどうかと聞いたら、「どうしても、っていうなら」と言われましたが、
当然「どうしても」ってお願いして、させて貰いました
ですから、私は初キスより初おっぱいが先になってしまいました

最初は「どうしても、っていうならいい」と言っていたのに、
いざキスし出したら、姉ちゃんからレロレロしていました
この口で下も舐めて貰えたら最高なのにな、、って思いましたが我慢して、
その分おっぱいを揉みました

姉ちゃんが短大に行って伯父さん家を出るまでは、おっぱいを揉ませてくれました
伯父さん家はちょっと遠いので、夏休みか冬休みだけにしか遊びに行けませんでしたが、
おっぱい目的で行っていた気がします(中学、高校の男子なんてそんなものです)

姉ちゃんは短大を出てからすぐに結婚してしまいました
今では1児の母です(相変わらずひょうひょうとしています)
会うと「あんた、元気?!」と上から目線で話してきます

遊びに行って「おっぱい揉ませて」と言うと、「いいよ」と返してくれる、あの響きが好きでした
あれから十数年経って、私も何人もの女性と経験をしましたが、
あの時のドキドキ感というか、おっぱいへのときめきは、特別だったのだと思い出されます

一昨日、従妹たちが来ました。
まあ、いろいろあって・・・結構ショックな事とかも・・・
例のチンコを見せる約束は、向こうはめっちゃ覚えていてw
とりあえず「あまり大したものじゃないから」と前置きしておいてパンツを脱ぎました。
女の子にチンコを見せるなんて、小さい頃を除けば初めてだったので緊張しました。
二人ともじっと見てきて恥ずかしかったけど、とりあえず従弟は「あ、ホントだ」とか
言ってただけだけだったけど、従妹の方はちょっと笑ってた。
そのあと従弟がトイレに立った時、何とか二人きりの間にエロな方向に話を進展させようとして、
従妹に「俺のって大きい方かな?」と、あえてありえない事を聞いてみたら、
予想通り従妹は笑いながら「ごめん、ちっさいと思う(笑)」と言ってきました。
そして「あいつはどうかな?」と、従弟のことを振ってみると、小学生の時から
見てないって言ったので、俺より大きいかなと聞くと、「たぶん」と笑いました。
とりあえずそういう流れは出来たので、戻ってきた従弟に「俺も見せたんだし、
お前もついでに見せてみろよ」と、振ってみました。
とりあえず従弟の事をとっかかりに、うまくいけば従妹の方も・・・という作戦で。
すると従弟は当然「え~」と渋りましたが、横から従妹が「いいじゃん、あんたも見せたら」
なんて言ってくれました。
でももしマジで中学生に負けてたらどうしようとドキドキし始めました。
やがて従弟も腹を決めたらしく、「しょーがねーなぁ」と言ってジーンズとトランクスを
脱ぎました。
――これが想像以上にでかい!
ほとんど垂れ下がらない俺のと違って、ちゃんとブラブラしてるし、皮も三分の二はむけてる。
色は中学生だからまだ瑞々しいピンクだったが、サイズは立派なものでした。
それを見てつい大声で「でっけーな!」と言ってしまいました。
従妹も自分の弟の見て「ほらね、○○ちゃんよりこいつの方が大きいっしょ」なんて言ってる。
もうはっきりと俺の方が全然小さいのが分かるくらいの差で、俺のは従弟の半分くらいしかなく、
心配してたとおり・・・中学生に完敗でした。
と、まあ、色々ショックなことはあったけど、一つ収穫があったのは、チンポ見せたことによって、
もう一段、突っ込んだエロトークをするようになれたというか、早い話が無礼講に
なったというかw
あと、親に内緒で缶ビールを数本持ち込んでたので(それはこれまでも何回かやってたが)
そのせいもありました。
だから俺も従妹に「おっぱい大きいって言われるだろ」みたいな事を聞いたら、
従妹も「まあね」なんて答えたので、これまで妄想だけしていて確認はしなかった事を
聞いちゃおうと、「パイズリとかしちゃうわけ?」なんて言ったら、従妹は
あっけらかんと「うん」と答えたり。
従弟の方も、本当は前戯が大好きなんだけど、先輩が「もう我慢できないから入れて!」って、
いつも早めに言ってくるので、しかたなく切り上げてるけど、本当はもっと時間かけたい、
なんて教えてくれました。
それを聞いた従妹が、男の方からわざと焦らしてきて、「入れて」って女に言わせようとするって
言ったので、言わされた事あるのかと聞くと、さすがに少し恥ずかしそうに「まあ…時々…」と
答えたので、すごい興奮しました。
その間、もちろん俺のチンポは先っぽが濡れるくらいビンビン。
中学生同士のセックス話を聞いて勃起している童貞大学生っていうのも情けない構図ですけど、
こっちはそれを体験すらしたことないんだから仕方が無い。
酒もまわってきたので、「(話を聞いて)俺、興奮してチンコ大きくなっちゃったよ~」と、
ぶっちゃけると、二人ともゲラゲラ笑ってました。

結局この日はこれ以上先にはいかなかったですけど、ある種、これまで口にしにくかった
ストッパーが外れたような感じもしたので、次はもっとエロいことしたいなーなんて
思いますけど・・・。
とりあえず大量のズリネタを仕入れたのは確かw
実際、中学生同士のセックスっていっても、話を聞くと、AVなんかでやってる大人のものと
ほとんど同じなんだよなあ・・・
2013/04/25(木) | カテゴリ:近親相姦■体験談 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |



| このページの先頭へ |


アクセスランキング

ピックアップ

ピックアップ

ブログ内検索

過去ログ v Co リバース

カウンター

合計閲覧者数

現在の閲覧者数

ピックアップ

PING送信チェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。