エロな羞恥体験談ブログ


デートスポット アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | カテゴリ:スポンサー広告 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |

私が物心ついた頃母はポルノ女優をしていた

風俗
私が物心ついた頃母はポルノ女優をしていた。出産経験者なので三流扱いだったが体つきは綺麗だったと記憶している。無名だから脇役ばかりしていた。ポルノ女優は汚れた仕事と思われがちだが、今のAVみたいに本番はしないし、男女共に前貼りをしているので性器も陰毛も隠している訳で、フェラチオも手コキも無し。映倫の規制が厳しくて性器や結合部が映らない純然たる疑似性交の世界だ。ポルノ映画の撮影所には託児所は無いので事務員のお姉さんが私の世話をしてくれたが仕事を色々と兼務していたから放置される時間が長く、私は撮影を勝手に見学していた。幼いながらも母達がやっているのはHな行為のお芝居なんだと頭では理解していたが、母や他の女優さん達の迫真の演技を見ていると女性が虐められている様に見えて心配になる事も有った。前貼りをしたままの母が笑顔で楽屋に戻って来る。私は複雑な気持ちで前貼りをした母の股間を見つめていると、母は照れくさそうに笑いながら前貼りを外すのだが、外した後に陰毛や性器が丸出しでも恥ずかしがらないのが不思議だった。まあ、毎日一緒に入浴しているのだから股間が露出しているのが自然で前貼りしているのが不自然だったのだろう。裸を武器に戦ってきた私の母も今年で82歳になった。
2013/03/30(土) | カテゴリ:風俗■体験談 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |



| このページの先頭へ |


アクセスランキング

ピックアップ

ピックアップ

ブログ内検索

過去ログ v Co リバース

カウンター

合計閲覧者数

現在の閲覧者数

ピックアップ

PING送信チェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。