エロな羞恥体験談ブログ


デートスポット アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | カテゴリ:スポンサー広告 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |

小学生の頃、よくお医者さんごっこをして遊んでいました

小学生の頃、よくお医者さんごっこをして遊んでいました。

相手のパンツを脱がせて、あそこを触るのです。
女の子は、おまんこを触るといい気持ちになるらしくて、目を閉じてうっとりしています。
僕もおちんちんを触られると、何ともいえないいい気持ちになって、
時にはおちんちんが大きく硬くなることもあります。
そうすると女の子は面白がっていじるのでますます大きくなるのです。

ある日、近所の女の子とお医者さんごっこをしていると、
その子のお母さんが見つけて「何をしているの」と叱りました。
女の子は逃げていきました。
僕は、パンツを穿くのに手間取っていると、そのお母さんが来て、
僕を裏の納屋に連れてゆきました。

そして僕のパンツを脱がせて、おちんちんをつかんでやさしくしごきました。
僕のおちんちんは大きく硬くなりました。
それをしごきながら、そのお母さんは、片手で自分のおまんこをさすりました。

目を閉じて赤い顔をして、さすっていました。
そのうちに僕のおちんちんを口にくわえてぺろぺろとなめたりしゃぶったりしました。
自分のおまんこを激しくさすり、うーっとうめいて終わりました。
僕のおちんちんをやさしくつかんで、「誰にも言ってはいけませんよ」と言って出てゆきました。
2013/03/31(日) | カテゴリ:学校■体験談 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |



| このページの先頭へ |


アクセスランキング

ピックアップ

ピックアップ

ブログ内検索

過去ログ v Co リバース

カウンター

合計閲覧者数

現在の閲覧者数

ピックアップ

PING送信チェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。