エロな羞恥体験談ブログ


デートスポット アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | カテゴリ:スポンサー広告 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |

水着がないんだっけ?じゃぁ今日はそれで見学しなさい

小学校3年の時の話。
水泳の授業は学年合同なんだけど。僕のクラスの先生は特に厳しくて忘れ物をしてお説教された人も多かった。
あるとき、クラスで僕一人だけ水着を忘れてしまい、その時先生もいつも以上に機嫌が悪かったらしく、僕に対して
「そう」と言いながらみんなの前で立たされた。3年生までは着替えは男女同じ教室でしていたので、クラス全員がこっちを見ていた。
暫くして先生が「水着に着替えるにはまずどうするの?」と言われ、一瞬考えたが、先生が洋服をひっぱっていたので意味が分かった。

流石に僕は恥ずかしくて「ごめんなさいもう忘れ物はしません」と先生に言ったけどまったく聞き入れず。
「着替える時はどうするの?次はプールの授業なのよ?」とさっきより口調が強くなっていた。
怖くなって僕は上を脱いで上半身裸になった。
そして、おそるおそるズボンに手を掛け、みんなの前でパンツ一枚になった。

当時、僕はふざけてパンツを出したりするやんちゃな遊びやらでも恥ずかしくて出来なかったので、
これだけでも相当恥ずかしかった記憶があった。
クラスの子も、珍しい光景に騒がしくなったのが分かった。

しかし、地獄はこれからだった。まだ先生はじっとこっちを見ていた。
半泣きになりながらごめんなさいと言っても許して貰える気配が無くて。
僕は涙を流しながらパンツに手を掛けて下ろしていった。多分顔も真っ赤になっていたと思う。

まだ毛が生えたり、勃起したりと言うような事を理解してる年齢ではなかったけど、クラス全員が見てる前でちんちんを晒すのは恥ずかしくない訳がなかった。
そして僕がパンツを足から引き抜くと、「ああ、水着がないんだっけ?じゃぁ今日はそれで見学しなさい」といいって、素っ裸の僕の両手をつかみ、万歳の大勢にした。

さらにクラスがざわめく。
僕は恥ずかしさのあまりちんちんを隠したくて暴れていた、しかし、大人の力に叶うはずもなく両手は暫く万歳状態だった。
その暴れて揺れてるちんちんを見て皆くすくす笑ったりしていた。

しばらくして、先生の手から解放されて、僕は手でおちんちんを隠しながら顔を俯けていた。
勿論、おちんちんだけじゃなく、お尻も丸出しで、態々後ろまで回ってお尻を見てくるクラスメイトもいっぱいいた。
そして、教室からプールに移動するときは、1年生の教室の前を通る。
1年生も、一人だけ素っ裸にされてる僕に興味深々で近づいてくる子がいっぱいた
そこでも先生が僕の手を無理やり上げさせ「忘れ物をしたらあなたたちもこうなるんだよ、気をつけてね」
と言って僕を晒し物にしながらわざと速度を下げ、ゆっくり見えるように移動させられていた。
流石に惨めに見えてきたのか、後ろから「ちょっと可哀想・・・」や「私はもう水着は忘れない」さらに「俺の時はああならなくてよかった・・・」
など同情半分、身勝手半分な台詞がクラスメイトから聞こえました。

また先生の手が離れて僕はちんちんを隠しながらプールまでようやくつきました。

プールの授業が始まると、他のクラスの人もぎょっとした目僕を見ながら驚いた様子をしていました。
他のクラスでも忘れた人が2~3人いたらしく、僕の横で見学席にいました。
そして、僕のクラスの先生が僕に対して「貴方はこっち」
といって。見学席ではなく、プールサイドに気をつけをして立たされました。
プールサイドは皆が通るので、その時に僕のちんちんもお尻も間近で見られます。

僕は泣きながら顔を下に向け、出来るだけみんなと目を合わせないようにしていました。

しかしやはり、言葉は耳に嫌でも入ってきて
「うわぁ・・・恥ずかしい」「丸見えー」「私じゃなくてよかった・・・」などと聞こえると
惨めで恥ずかしい気持ちになりました。
他のクラスで水着を忘れた人に対しても「あんたたちがうちのクラスじゃなくてよかったね」
と先生が言っていて、やはり僕は見せしめにされてるのだと分かりました。
そんな調子で授業が続き、僕にはいつもの何十倍の時間に感じられました。
最後の10分ほど、自由時間になると。
さらに僕の周りに集まってきていました。
僕は「見ないでよ・・・ほっといてよ・・・」と言ってもどんどん集まり、僕のちんちんを物珍しげに見たり笑ったりしていました。

結局そのまま授業が終わるまで僕一人素っ裸でした。
今まで水着を忘れてもお説教程度だったのに、僕がたまたま僕一人(しかも学年では他の人も忘れてるのに)だけこんな仕打ちをうけ
それ以降、僕みたいに惨めな思いをするのは皆嫌で水着を忘れる人はいませんでした。
授業のあとも、ぼくのふるちんの話がクラスで度々上がり、その度恥ずかしい思いをぶり返されて最悪の日でした。

結局、その学年で晒し物になったのは理不尽にも僕一人でした。

今でもこの体験を思いだして惨めになります。
2013/02/24(日) | カテゴリ:学校■体験談 | 体験談を投稿 | 管理人に問い合わせ |



| このページの先頭へ |


アクセスランキング

ピックアップ

ピックアップ

ブログ内検索

過去ログ v Co リバース

カウンター

合計閲覧者数

現在の閲覧者数

ピックアップ

PING送信チェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。